« 第148回  朝日名人会 | トップページ | 上品会 at 増上寺 »

2015年4月21日 (火)

がんじろうはん

1_002_5がんじろうはん、を観に行ってまいりました!歌舞伎座、四月大歌舞伎夜の部です。襲名披露は初めての経験なので、友人二人ともども期待大、

演目は:

1.梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)

2.成駒家歌舞伎賑(なりこまやかぶきのにぎわい)

3.心中天網島 河庄(しんじゅうてんのあみじま かわしょう)

4.石橋(しゃっきょう)

2.では新歌舞伎座初めてという両花道、左花道には男形、右花道には女形がずらりと勢揃いして名乗りを上げ襲名のお祝いを述べる圧巻の場面、そのあとの坂田藤十郎を中心に一族そろっての口上、一族の結束の固さを感じる良い口上でした。そして本日の目玉、上方歌舞伎ならではの演目、河庄での新翫冶郎はんのぼんぼんぶりは藤十郎ゆずりと見受けましたが、どうでしょうか。雰囲気はとてもよくにていらっしゃいます。東歌舞伎の二枚目は惚れた女と別れるときは未練なく振り切るのですが(心の中は別)上方歌舞伎のぼんぼん二枚目は未練たらたら、女々しさいっぱい、というよりこれが実は人間の本質であり、それを正直に表現できるのが上方の二枚目といえるのでしょう。初役という小春役の芝雀さんがとてもよく、びっくりしました。

さて最後の石橋、連獅子でもおなじみですが、親子の獅子が長い毛を豪快に毛ぶりする見事さにうっとり、親が染五郎、子が壱太郎と虎之介、虎之介くんがとてもがんばっていましたが、ちょっと振り遅れるところがまたかわいい、染五郎の貫禄さえ出てきた毛ぶり、壱太郎の見事な毛ぶりがとても印象的でした、ピンクの桜吹雪の中で繰り広げられたこの石橋で今日の襲名披露公演はしっかりとまとめられていました。

それにしても襲名披露だというのに客席の華やかさがなかったですね。舞台からみたら客席は夜の湘南の海のように薄暗かったのではないでしょうか。杮落としのときは華やかだったのに、とちょっと残念でした。

今日のきものは:

去年一年箪笥に眠っていたクリーム地の付下げ、おめでたい襲名披露には明るく華やかに見えるきものが良いと思い着てみました。一階10番24、25、26という一等席に三人で和服姿で座りましたので、少しは姥桜ながら花をそえることができたでしょうか。

Photo_4きもの:クリーム地の付下げ(矢代仁) 帯:若松文袋帯(帯の岩田) 帯締め(平田竹峯)

« 第148回  朝日名人会 | トップページ | 上品会 at 増上寺 »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/59733122

この記事へのトラックバック一覧です: がんじろうはん:

« 第148回  朝日名人会 | トップページ | 上品会 at 増上寺 »