« 謹賀新年 | トップページ | 2015年 落語初め »

2015年1月 7日 (水)

着衣始

暮れから体調が悪く、今日のお出かけが懸念されていましたが、なぜか今日は症状が治まり、楽しく着物を着てお出かけできました。

毎年恒例の平田組紐の平田竹峯さんの実演です、といっても私たち三人組は毎回お邪魔しているので実演は省略、もっぱら新作の帯締めを拝見するのが楽しみ。今回はとても珍しい「西大寺組」という四角く組まれた珍しい帯締め、結ぶとしっかり組まれ絶対に緩んだりしません。芯のない組み方なので使う糸の量が半端ではないようです。紬のきものに締めたらとてもおしゃれなコーディネイトになりそうな帯締めでした。

私が頂いたのは、秋に注文しておいた貝の口雲形と言う組み方の帯締め、三月にできあがる掬いの袋帯に合わせて組んでいただきました。手元にくるのは二月ごろになりそうです。

Photoさて、今年の着衣始は松の内ということで、無線友禅の付下げに白地に金銀の雪を描いた光雪と名のついた塩瀬の帯、両方ともよく着たり、締めたりするきものと帯ですがコーディネイトしたのは初めてです。

帯は金銀で雪を表現しているのでまさにこの季節限定の帯です。

福田貴重さんの作品。

2015_1_7_003

« 謹賀新年 | トップページ | 2015年 落語初め »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/58507756

この記事へのトラックバック一覧です: 着衣始:

« 謹賀新年 | トップページ | 2015年 落語初め »