« スーパー歌舞伎もいいね! | トップページ | クラス会 »

2014年10月15日 (水)

雨の矢代仁展

2014_10_15_004前日のお昼までの予報ではお天気のはずだったのに予想外の雨模様・・

台風は行ってしまったはずなのに、とぶつぶつ文句を言いながら着物支度。いまさら着て行く着物を変更するのも面倒だということで、前日にばっちり支度を終えておいた北斎模様の小紋に白地のしゃれ袋。いつもは矢代仁展ということで矢代仁で求めた着物をきていくのですが、今年は気が向く着物がない、それでは同時開催の岩田の帯だけでも締めて行こうと初めてコーディネイトしてみました。

場所は鎌倉の長谷にある中華料理の老舗、華正楼。以前一度他の催しで訪れたことがあるお店ですが、日本家屋のゆったりとしたたたずまいのいかにも由緒ある作りです。もちろんお食事も美味で、デザートの杏仁豆腐までおいしくいただきました。

いつも感心するのですが矢代仁さんの特徴は十分にお召の老舗としての地位を確固たるものにしているにもかかわらず、精進を忘れず、新しいものの開発に力を入れているということ。御召や染めものだけではなく、最近では安曇野の天蚕紬の開発、奨励、今年からは牛首紬を生地とした染紬も手掛け、有名作家はもちろん、まだ余り市場には出回っていない紬作家の紹介、などなど毎年目新しい作品を多く拝見できることです。角度を変えてみれば、そのように進歩改革をして行ける着物メーカーさんだけがこれからは生き残っていけるということでしょう。

今回は三年ほど前からお願いしておいた無地のきもの、色が気に入らなくて何度も何度も染めては見せていただいていたのですが、今回やっと気に入った色に仕上がった反物が見つかりました。わがままを許して下さって気長に付き合って下さる担当の西田さんには感謝です。新小石丸の糸で染めた牡丹唐草地紋の無地、そのうち御披露できると思います。

今日のきものは:

Photo前回新橋演舞場行きでも着た北斎模様の小紋に白地のしゃれ袋帯、帯締めは久しぶりに伊勢組紐を使ってみました。紫紺の名古屋帯より少し格が上がりますね。

Photo_2

« スーパー歌舞伎もいいね! | トップページ | クラス会 »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/57695576

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の矢代仁展:

« スーパー歌舞伎もいいね! | トップページ | クラス会 »