« 32回 すずよ会 | トップページ | 旬の落語家 さん喬 »

2014年8月31日 (日)

母の三回忌

早いものです。母が亡くなってもうすぐ丸二年になります。仏教では足かけ三年が三回忌となりますので、名古屋近郊の故郷のお寺まで妹と孫を連れて法事に行って参りました。

幸いあんなに暑かった夏の日も急に優しくなり、出かけた28日の日も翌日の法事の日も、すごしやすい涼しい日になり、夏に弱い私には大助かり、遠いところから来てくれるからと母が御釈迦様に頼んでくれたのではないでしょうか。

高校生のころまで住んでいた故郷の街も行くたびに寂れ、メイン通りすらシャッター通りになり、家のあったあたりは道路拡張のため皆立ち退き、昔の面影はありませんでした。

009
前日は少し雨が降ったりやんだりしましたが、一年ぶりにお墓をお掃除し、綺麗にしてお花も飾り、翌日の法事に備えました。妹と孫のAちゃんが活躍してくれました。(写真は妹と孫のAちゃん)翌29日に法要を営みましたが、臨済宗南禅寺派のお経は木魚を叩きながらお経をお坊さんが読みます。孫のAちゃん、長い長い何を言っているのかわからないこのお経が苦手らしく、退屈を紛らわすために和尚さんの叩く木魚の回数を数えていたそうな、・・なんでも二千回近くあったそう・・木魚を叩きながら大きな声を張り上げて和尚さんも結構重労働ですね。

28日は名古屋のホテルで一泊、夕食は名古屋に行くと必ず立ち寄る”キッPhotoチン雅木”で海老フライとご飯のセットを頂きました。いつ頂いてもここの海老フライはおいしいですね。

法要を済ませたあとは一路みんなの待つ、修禅寺温泉へ、娘や息子も交えての懇親夕食会、温泉に入り、エステをして身体を癒し、日ごろの疲れを取ってのんびりと一日をすごしました。母もわきあいあいとした皆の姿を空から見て喜んでくれただろうと思います。

« 32回 すずよ会 | トップページ | 旬の落語家 さん喬 »

Family」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母の三回忌:

« 32回 すずよ会 | トップページ | 旬の落語家 さん喬 »