« 七月大歌舞伎 | トップページ | 牡丹灯籠-江戸落語を食べる会 »

2014年7月23日 (水)

夏本番、 夏のきものも本番

昨日梅雨が明けてとうとう夏本番となりました。近頃は気候が不順でいつからいつまでが夏なのか分からないような年が多くなりましたが、今年は入梅、梅雨明けはいわゆる平年並みと言えるようです。

実は夏は一番私には苦手な季節、冬生まれのせいでもないでしょうが、若いころから夏になると馬力が出ず、勉強もはかどらずといったことの繰り返し・・夏に強かったらもう少し大成していたのではと思うのは都合のよい言い訳でしょうか、が、きものを着るようになって夏の薄物に魅力を感じだしてからはそのいやな季節にも希望(?)が見出せるようになりました。はまった人でないと分からない薄物の魅力、夏着物をうまく着こなせるようになったら着物の世界では一人前と言えるのかもしれません。

というわけで蒸し暑い暑さの中、熱中症を気にしつつも、着物で横浜まで外出してきました。昨年は一度も着なかった八重山上布、と粗紗の帯、両方とも母から譲られたものです。さすがに八重山に麻の長襦袢のいでたちは風が裾と身八口からす~と入ってきて気持ちが良い、洋服でパンツなどはくより快適に過ごせます。

今日のきもの:

Photo白地に紅露で捺染した伝統的な八重山上布、細かく沖縄の伝統的な模様が捺染されています。経糸、緯糸とも苧痲で織られていてとても気持ちよく着られます。

帯はいわゆる粗紗と分類されている織り方の帯で、(京都では羅織りといっているそうですが)、西陣のもののようです。エメラルドグリーンに黒の縞という強烈な夏らしいイメージの帯です。

« 七月大歌舞伎 | トップページ | 牡丹灯籠-江戸落語を食べる会 »

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/56879755

この記事へのトラックバック一覧です: 夏本番、 夏のきものも本番:

« 七月大歌舞伎 | トップページ | 牡丹灯籠-江戸落語を食べる会 »