« 半年に一度の目の保養 | トップページ | 七月大歌舞伎 »

2014年6月24日 (火)

京の帯職人さん

近頃はきものでお出かけとなると荒天、季節が季節だから仕方ないとも言えますが、東京のある地区では雹が数十センチも積ったところがあったとか、こちらはさずがにそんなことはありませんでしたが、丁度出かける時間に雷と雨、着物の裾をめくって帯にかけ、コートを着ての完全武装での出陣とあいなりました。

向かった先はおなじみのデパートの呉服部、昨年からお願いしておいた帯が織りあがり、地色が私がお願いした色と少々違ってしまったとかで、京都からまこと織物の職人さんがわざわざ説明にいらしてくださるということで、なじみの帯問屋さんからお声がかかったのです。

実は注文したのは掬いの袋帯、是非一度作らせていただきたいと帯職人さんからの直接の声がかりで、紬の訪問着に合わせてデザインから起こして製作していただいた贅沢な一品、4月に上品会の旅行で京都に行ったときに、展示会そっちのけで会場の片隅で二時間半、デザイン画をもとに糸の色を決める作業を職人さんと喧々諤々意見を交換しながらしたいわば注文者製作参加の帯です。ですからこの帯は世界に一本、私だけのための帯になるのです。

拝見してみると予想よりやや濃いめの地色にはなっていましたが、返ってそのほうが模様との色のバランスがよくなり、文句のつけどころのない仕上がりになっていました。「お気に召さねば織り直すつもりだった」とおっしゃっていましたが、ただでさえお安くしていただいているのにとんでもないといいますと、「いやいやそれが帯職人としてのプライドです」とのこと。

よかったよかった、気に入ってよかった、そんなことになったら私は申し訳なくて胸が痛みます。自分も参加しての帯作り、とても楽しかった、どうやら癖になりそうです。

Photoきょうのきものは:どうやら今期最後の単衣のきものになりそうです。今日はまこと織物の職人さんがいらっしゃるということで、帯をまことの掬いの帯にしてみました。前回の白地に縞の帯とは雰囲気が違って優しい感じにしあがります。

Photo

« 半年に一度の目の保養 | トップページ | 七月大歌舞伎 »

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/56601061

この記事へのトラックバック一覧です: 京の帯職人さん:

« 半年に一度の目の保養 | トップページ | 七月大歌舞伎 »