« 夏の上品会へ | トップページ | お孫ちゃんの浴衣 »

2014年5月18日 (日)

五月の単衣

肩の痛みがはっきりしないので、整形外科で診察を受けたら両肩とも肩甲骨がまったく動いていないとか、それに肩が張って首の状態もよくないとのことで、リハビリの開始。これでは当分また整形外科通いから解放されることはないようで、正直うんざり・・

整形方面が悪くなるとなぜか少し精神面も鬱々となってくるようで・・

と言うわけで余り気分が落ち込まないうちにお出かけしてきました。今月はきものを着る機会が少ないと嘆いていた友人とぶらり横浜です。

もうこの陽気ではどう考えても単衣です。母から最初に譲られた単衣の夏紬にこれまた去年は一度も締めなかった母譲りの藍染め和紙の帯で。この帯は結ぶ時簾のように落ちてくるので、なんとも難儀な帯ですが、そこは長年の熟練の腕でなんとかクリア、以前はどうしてもうまく結べなくて途中で諦めたことがあったのですが、年に平均50回以上、20年近く帯を締めてきた経験が今は物を言っています。

PhotoPhoto_2

きもの:ベージュの夏紬 帯:蝶柄藍染めの和紙の帯

 

帯締めは単衣向きの細めの冠(平田組紐)

« 夏の上品会へ | トップページ | お孫ちゃんの浴衣 »

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/56240336

この記事へのトラックバック一覧です: 五月の単衣:

« 夏の上品会へ | トップページ | お孫ちゃんの浴衣 »