« 恒例 林家たい平独演会 | トップページ | 京都旅行 番外編 ホテル その2 »

2014年4月17日 (木)

上品會 京都旅行 番外編 ホテル

Photo左の写真のホテル、どこだか分りますか?

このホテル、今回京都旅行で一泊したザ・リッツ・カールトンホテル京都です。
今年2月に開業したばかりのピッカピカのホテルです。鴨川縁にあり、外観は京都の風光をそこなわないように和を取り入れた低層の作りでなかなか良いと思ったのですが、これが、中に入ると全くの外国人向け、驚いたことに何処のホテルでも見られるロビーというものがありません。こじんまりとしたフロントが、そうですね、ちょっとしたレストランくらいの規模であるだけなのです。よくあるように待ち合わせに「リッツ・カールトンでね」と言うわけにはいかないようで、超高級ホテルをうたっているだけあってあくまで宿泊客にのみのサービスというコンセプトなのでしょうか。

京料理「木乃婦」でおいしいお料理と踊りを満喫してホテルにチェックインしたのが午後10時近く、お高いホテルだと聞いていたので、この遅い到着はなんともったいない気がしたのですが、12時に就寝するとしてその間2時間ほどはお部屋でそれなりのホテルライフを満喫するつもりでした・・が、・・・そうはいかなかったのです・・・・

まずはセキュリティがしっかりしているということで、エレベーターもお部屋のカードキイをかざしてからでないと動きません。ですから付き添いの人に送ってもらうことはできません、何故なら行きは良い良い帰りは怖い、カードキイのない宿泊者以外の人はエレベーターに乗ることができないからです。私の泊まるのは422号室。もちろん一人です。4階のエレベーター前には着物姿の女性が待っていてお部屋まで案内してくれたのまでは良いのですが、それだけ・・お部屋の説明その他は何もなく、こちらもホテルは泊まり慣れているからわかるだろうとなんの心配もなく、お部屋に入りました。ああ、ここからが悲劇の始まりでした!

つづく

« 恒例 林家たい平独演会 | トップページ | 京都旅行 番外編 ホテル その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上品會 京都旅行 番外編 ホテル:

« 恒例 林家たい平独演会 | トップページ | 京都旅行 番外編 ホテル その2 »