« 京都旅行 番外編 ホテル その2 | トップページ |  GW恒例 御感の藤と鰻 »

2014年4月26日 (土)

友人のきもので目の保養

「小倉先生にお願いしていたAさんの単衣のきものにする作品が出来上がったので、Hさんもご一緒に見にいらしてください」、と高島屋から連絡が入り、出かけてきました。当日はわざわざ高田馬場から小倉貞右さんが作品を持ってきてくださるとのこと。自分のものでもないのにとても楽しみで前回2月にお会いしたときに提案した変更箇所がどんな風に新たに描かれているのか、イメージ通りの作品として表現されているのかとても楽しみでした。

二か月ぶりにお会いした小倉貞右さん、相変わらずおしゃれで洋服も着物同様素敵に着こなし、とても古希を過ぎた方とは思えない若々しさでいらっしゃいます。このセンスがやはり着物のデザインにも生かされているのだなあと納得しました。

このブログに載せたくて実は作品を携帯で撮ったのですが、うまく映らなくて載せることができませんでしたが、銀鼠地に唐花模様を散らした付下げ小紋、前回の試作品にはあった暈かしはなくなり、くっきりと糸目の出る立体感のある模様になっていました。花の中心には金糸の刺繍があり、それがより立体感を際立たせています。一目見てAさんももうひとりの友人ももちろん私も「あー、素敵!」と声がでました。イメージ通りの作品に仕上がっていて素晴らしかったです。秋の単衣に間に合うように仕立てるそうですので、着姿を今度はデジカメでしっかり写してまたこの場でご紹介します。

そしてもうひとつうれしいニュース、貞右さんの作品が「染芸展」で二番目の賞、都知事賞を受賞され、その作品が載った図録を見せてくださいました。そしてなんとなんと、その受賞作品は昨秋日本橋高島屋で催された小倉貞右展のとき実演で描いていらっしゃった袋帯でした。桐の花の模様の帯はとても素敵で私が絶賛した作品、貞右さんに「Hさんがとてもいいとおっしゃってた作品で受賞したのですよ」といわれびっくりと同時に感激、うれしいうれしいお知らせでした。染芸展というのは東京手描友禅の技を競う会、次回は受賞展示会を是非拝見したいものだと思いました。

今日のきものは:

PhotoPhoto_2白大島にこでまり模様の染帯

帯は母から譲られたもの、初めてのコーディネイトです。

帯の地色はかなり渋めのブルーですが、こでまりの花の白いあでやかさで意外に華やかな感じになります。帯締めは久しぶりの新源氏。

« 京都旅行 番外編 ホテル その2 | トップページ |  GW恒例 御感の藤と鰻 »

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/55972057

この記事へのトラックバック一覧です: 友人のきもので目の保養:

« 京都旅行 番外編 ホテル その2 | トップページ |  GW恒例 御感の藤と鰻 »