« 仮名手本忠臣蔵と三人同窓会 | トップページ | 今年最後の目の保養 »

2013年11月29日 (金)

五年目の関門

0022008年に乳がんの手術をしてから、この11月で五年になります。

「五年目の中間テスト、ということで、今回は大々的に検査をします、それを通過したら、お薬(アリミデックス)を止められますし、通院も半年か一年になります」と言われ、どきどきしながら受けた検査、15日には血液・尿検査・骨密度検査・マンモグラフィ・胸のCT検査、18日にはRI検査(骨シンチ)・体部超音波検査・乳腺超音波検査と盛りだくさん。体部の超音波検査と骨のシンチグラフィは今回初めての検査です。

骨だけはぜったい大丈夫だな、とは思ってはいましたが、核物質を注射しての検査は何となく不安。二日間あっちに行ったりこっちに行ったりと引き回され終わった時はやはり少々つかれました。が、一番いやなのは結果を待つ十日間でした。不安な思いを払拭するにはほかのことに没頭するしかない、ということが今までの経験で分かっていたので、検査が終わってからは楽しむことに専念しました。

同級生との歌舞伎鑑賞、に小旅行、いつもの呉服売り場での着物談義(私は本当に着物が好きなのですね、着物に接しているときはすっかり憂さを忘れているのですから・・)。

そして運命の27日、診察室に入るころには、今までもそうですが、覚悟が決まったというか、なんというか、かなり冷静になれていました。

それでも診察室に入って椅子に座ったとたん「大丈夫ですね」と主治医に告げられた時の安堵感、「ああ、これであと5年は生きられる」と瞬時に思ったものです。

5年間飲み続けたホルモン剤「アリミデックス」もあと29日分残っている分を飲みきったらおしまい。高額なお薬であることも含めてやれやれと言う気持ちです。お薬をやめたら身体の痛みの軽減と老化促進が少しでも抑えられるのではないか、という期待もあります。

乳がんは油断の出来ない病気です。10年が完治ということになってはいますが、その後も再発をする人がいます。それでも10年何ともなかったら、ほぼ人生を全うできるのではないか、と私は思っています。

« 仮名手本忠臣蔵と三人同窓会 | トップページ | 今年最後の目の保養 »

健康・医療」カテゴリの記事

コメント

しいらさま
コメントありがとうございます。
ほんとうにほっといたしました。口にはださねど、という心境で過ごしておりましたので、
まだ未来があると思うと本当にうれしく思います。

しいらさまのブログもときどき覗かせていただいていますが、織り物に挑戦なさっている姿を拝見して、またそれもどんどん進歩なさっているのを見て本当にいつも感心し、また刺激されております。
これからもよろしくお願いいたします。

おめでとうございます!
無事の関門通過、さぞやほっとなされた事と思います。
まだまだこれから、着物や古典芸能鑑賞、お孫ちゃん始めとするご家族の皆様と過ごす日々等、お幸せな人生を謳歌してくださいませ。
楽しみにしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/54094933

この記事へのトラックバック一覧です: 五年目の関門:

« 仮名手本忠臣蔵と三人同窓会 | トップページ | 今年最後の目の保養 »