« フルートの調べ | トップページ | 京の名舗展へ »

2013年9月29日 (日)

組紐実演へ

とても人気があるのでしょう、今年は平田組紐の実演が多く、7月にあったばかりですが、注文していた品が出来上がったということなので、いつものように友人と出かけてきました。

組紐実演と言っても実演のほうはそっちのけで、平田さんとの紐談義、着物談義が楽しくて来場のときはほとんど100%出かけています。日本の絹糸が昨年以来急激に高騰し、お値段がかなり上がりましたが、そして夏物の材料になるからむしも手に入らなくなっているとのことですが、頑張って最小限の値上がりにとどめていて下さるとのこと。それでも消費者にはだんだん大変になってきています。

アベノミクスとやらで、物価が上がり収入の方も減ってくるとなると、老後の人生の楽しみはどんどん減少、「やっと自分のことができるようになった老後、お願い、楽しみを奪わないで」というのが世の中の年配者の気持ちでしょうね。

Photoさわやかな秋日和になりましたので、そしてそろそろというか、あっという間に単衣の季節も終わりになるので、友人と示し合わせて着物でのお出かけです。

着物は上代御召の単衣、帯はワイン地の掬い名古屋、帯締めはここのところ三回連続の御岳組。

御岳組はリーズナブルなお値段の割にきゅっと締まって締めやすく、重宝している帯締めです。偶然、友人も色違いの御岳組を締めてきていました。

着物:矢代仁   帯:帯の岩田(まこと織物) 帯締め:平田組紐

« フルートの調べ | トップページ | 京の名舗展へ »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/53440605

この記事へのトラックバック一覧です: 組紐実演へ:

« フルートの調べ | トップページ | 京の名舗展へ »