« 楚々として優雅に・・ | トップページ | きものを見てストレス解消 »

2013年5月30日 (木)

龍村平蔵「時」を織る。展へ

005苦手な庭の草取りに10日間も費やしたせいか、疲れがピークになり友人と約束をしていたにもかかわらず、テンションは最低。それでも気分転換にはいいだろうということで身体に鞭を打ってでかけてきました。

行った甲斐がありました。龍村美術織物は高島屋の呉服部で帯や小物をいろいろ拝見していてなじみの老舗ですし、五代目となる予定の龍村さんとは何度もお目にかかったことがあり、気安くお話しをしているのですが、本当に伝統のある凄い老舗の方なのですね、と今回の展示を見て改めて敬意を表しました。

以前、宮尾登美子作の小説「錦」を読んでいたせいか、年表を拝見しても分かりやすく、随分鑑賞の手助けになりました。五代目のお話しによるとあの小説はほとんど事実に近いものだそうです。

初代龍村平蔵は織り物を独特の陰影をたたえた立体の造形としてとらえ、新技法を次々に生み出し、芸術の域にまで高めた先駆者として有名であり、また正倉院御物の復元に力を注いだ方としても知られています。現、四代平蔵に至るまで120年、いまなお染織分野の最高峰であり続けることはものすごいことなのですね。

001左の写真は展示されていた作品の一部。能に使われる厚板からお茶の仕覆まで精密に復元された作品の数々約300点が観られます。

2013年5/24(金)~6/4(火)まで横浜高島屋8階ギャラリーで開催中

002

今日のきもの:5月30日ですが、夏仕様に完全に衣更え。お茶など正式な場でない限り、自分が気持ちのよいもので、というのがモットーなので、だいたい20~25日以降は毎年完全に単衣の仕様に変えます。湿気が多くなると御召などさらっとしたものの方が楽ですので、紬の単衣はこれから月始めまで着用することにしています。今日は塩沢紬の単衣に絽の染帯を合せました。

きもの:塩沢紬単衣(林宗平工房) 帯:萩模様の絽の染帯(渋柿庵)

« 楚々として優雅に・・ | トップページ | きものを見てストレス解消 »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/51807139

この記事へのトラックバック一覧です: 龍村平蔵「時」を織る。展へ:

« 楚々として優雅に・・ | トップページ | きものを見てストレス解消 »