« 雨女になったかも・・朝日名人会へ | トップページ | こけら落としは着物で »

2013年4月23日 (火)

歌舞伎座こけら落とし公演

Photo待ちに待った歌舞伎座のこけら落とし公演に行ってきました!このために松竹の歌舞伎会の会員になり、2月に会員先行販売でチケットを購入。おかげさまで9列目、花道際という良席がゲットできました。

今回は午後2時40分開演の第二部へ。歌舞伎座界隈は平日と言うのにお祭りのようなにぎわい、活気がみなぎっていてアベノミクスならぬカブキザミクスではないかとおもえるほどの盛況ぶりです。

こけら落とし公演は三部制、一部が休憩を入れて三時間弱の公演になります。第一部は時間的にちょっと早く、無理、二部か三部で公演演目を吟味した結果、おなじみの「弁天娘女男白浪」と玉三郎の出演する「忍夜恋曲者」の二部を選択。これは選択としては大成功だったと思います。

弁天娘女~は浜松屋見世先の場より滑川土橋の場まででおなじみの「しらざあ言って聞かせやしょ~」から「問われて名乗るもおこがましいが~」のセリフまでつとに有名な演目ですが、弁天小僧が切腹して果てる山門の場、滑川土橋の場は初めて観ました。日本駄右衛門の吉右衛門、やっぱり素敵!そのほか弁天小僧菊之助の菊五郎、南郷力丸の左團次、赤星十三郎の時蔵、忠信利平の三津五郎、と豪華配役。大向こうからも音羽屋!、高島屋!などと威勢よく声がかかっていました。

「忍夜恋曲者」はもう玉三郎の魅力全開というところ、花道七三からセリ上がってくる傾城如月のすごさ、美しさといったら女でいることが恥ずかしくなるほどです。解説によるとその衣裳の重さは相当なものらしく、とても体力のいる役柄なのだそうですが、そんな気配はみじんも感じさせません。身体の柔らかさ、しなやかさも以前観た時とかわりなく、ほれぼれと見とれていました。相手役の松緑、この人以前観た時、声もいいし、なかなかだけれど、舞台役者としては顔が小さすぎ、見栄えがしませんでした。今回は大御所玉三郎の相手役に抜擢されさぞ大変だったことでしょう、精進されたのでしょうね、玉三郎相手に存在感もあり、見栄えもよくなったと感じました。おじい様の先代松緑さんを目標に頑張って頂きたいものです。

三部制で一等席二万円はお高いなあと思ったのですが、この豪華配役陣、素晴らしい屋台崩しの見せ場、そして歌舞伎座新装のご祝儀を含めて十分に納得できるものでした。

« 雨女になったかも・・朝日名人会へ | トップページ | こけら落としは着物で »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/51353052

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座こけら落とし公演:

« 雨女になったかも・・朝日名人会へ | トップページ | こけら落としは着物で »