« 2013年 きもの始めは落語 | トップページ | パパ、ママの代わりに 小学校展覧会 »

2013年1月19日 (土)

第61回上品会内々覧会

002_2久しぶりに晴れやかな気分になりました。

毎年横浜高島屋からご案内を頂き、楽しみにして出かけていた上品会内々覧会、今年は昨年の気分を引きずっていてなかなか出かける気にならなかったのですが、「着物を着ておでかけしたい~」という友人にひっぱられて渋々お出かけとなりました。ところが行ってみると楽しい。美しいもの大好き、着物だい好きな生来の性格が噴出、たっぷり2時間半、今年の新作の数々を拝見してきました。

お題は「あかり」、これは心のあかりを指すようで、震災復興へのこころの支援を表現しているように思われました。バブルの頃に見られた絢爛豪華な作品に比べ、抑えるところは抑えた華やかさ、清楚な美しさが表現されている作品が多く見られ、帯も新しい技法に挑戦した作品もあり、作る方々のたゆまぬ努力が感じられました。染織会最高峰の催しと言われるだけのことはあるようです。

Photo_2さて、本日の着物は菊花絞りといって濃い地色の中に菊形の絞りがなされた小紋、大好きなきもののひとつですが、仕立ててから10年以上、なんとなくきにくくなってきており、今年は仕立て直しが必要なようです。

着物:千切屋 帯:帯の岩田 帯締め:伊勢組紐

 

2013120_001

追記:14日に降った雪は15cmほどつもりましたが、20日になってもまだ屋根は真っ白です。こんなことは本当に久しぶりです。

« 2013年 きもの始めは落語 | トップページ | パパ、ママの代わりに 小学校展覧会 »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/48840825

この記事へのトラックバック一覧です: 第61回上品会内々覧会:

« 2013年 きもの始めは落語 | トップページ | パパ、ママの代わりに 小学校展覧会 »