« 11月のきもの | トップページ | 今年最後の落語は第125回 朝日名人会 »

2012年12月 7日 (金)

今月は権太楼

2012_12_7ここのところ事情があって月一回にしているにぎわい座通い、今月は久しぶりの権太楼師匠。九割がた席が埋まる盛況でした。二年ほど前に、腎癌の手術をして、抗がん剤治療も受けたと聞いた師匠の体調が気になり独演会のたびに様子をうかがうのですが、今回も変わりなく元気そうで心底安心しました。年を重ねるとなによりも自分はもちろん、周りの人々の健康状態が気になるようになり、久しぶりに会った人などはまずその顔色、身のこなし、体重増減などに注意してみてしまう癖がつきました。

さて今回の演目は「宗論」と「文七元結」、宗論は夏に聞いた一朝師匠が初体験でしたが、そしてなかなかの出来でしたが、権太楼宗論もよかった。彼の爆笑落語の本領はこの演目にも生かされているようです。そして人情話の「文七元結」も熱演でした。観客も満足して帰った独演会だったと思います。

Photo_2

今日のきもの:十日町紬に花兎の染帯、帯締めは御岳組で、この着物は母が三十代の初め頃に作ったきものですから、ほぼ60年前のものになります。まったく古さを感じさせず、皆さんに素敵なきものだとおほめいただく一枚です

« 11月のきもの | トップページ | 今年最後の落語は第125回 朝日名人会 »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/48129540

この記事へのトラックバック一覧です: 今月は権太楼:

« 11月のきもの | トップページ | 今年最後の落語は第125回 朝日名人会 »