« 「美しいキモノ 冬号」に・・ | トップページ | 今月は権太楼 »

2012年11月30日 (金)

11月のきもの

今年の11月は例年以上に冷え込みました。ある時突然冬支度、という感じです。そうなるときものは真綿紬の出番です。ここのところ二度とも暖かい紬の着物でお出かけしました。2012年の11月の和装記録として残しておきます。

2昔仕事をご一緒した友人が日本画をやっていて、そのグループの展覧会、創明会展に川崎まで行ってきました。

やはりかなり寒い日だったので迷わず琉球紬で、 帯は前回、御召に合わせたガマズミ模様の名古屋帯。この上に母から譲られた精華縮緬のはけ染めの道行をはおりました。着物姿は場を華やげるということで、皆さんに喜んでいただきました。もちろん作品はどれもすばらしいもの、仕事仲間の同窓会を兼ねての楽しいひとときになりました。

5そして29日は高島屋の呉服千秋楽へ。買いたいものがない時でもきものを見るのは楽しいので気分転換にでかけます。この日は一段と寒い日でしたので、手持ちのきものの中では一、二番に暖かい信州飯田紬を着用。帯はやはり母から譲られた椿模様の染帯。椿は季節を選ばない模様ですが、この帯はうっすらと椿に霜が降りているので、やはり晩秋から冬が一番ぴったりくる帯のような気がします。

« 「美しいキモノ 冬号」に・・ | トップページ | 今月は権太楼 »

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/48035772

この記事へのトラックバック一覧です: 11月のきもの:

« 「美しいキモノ 冬号」に・・ | トップページ | 今月は権太楼 »