« ほっとひと息 | トップページ | ついでに気晴らし »

2012年10月 7日 (日)

10年ぶりなので・・

七歳の七五三のお祝をお孫ちゃんの秋休みに合わせて今月の25日にすることになりました。二人の母の服喪中とはいえ、七歳は今年限り、来年に延期というわけにはいきません。義母の方は4日に夫が新潟のお寺にお骨をおさめにいってきましたが、私の母の方は20日に岐阜の方のお寺に納めに行くことになっています。それが終わったら祝い事もいいだろうということで日取りを決めました。

ところが娘が当日着る付下げを私に着つけてほしいと言ってきました。お孫ちゃんの方は帯がちょっと自信がない(こどもの着付けを実際にはやったことがないので)からと断ったのですが、一応着付け師の免許をとった身としては断るわけにはいきません。といってももう実は10年も自分以外の着付けはしていないのです。ということで、まずはボディを出してきての着付けの練習。長い間していないのでなかなか手際よく着つけられません。足りない小物はないか、帯揚げなどのコーディネイトはいいか、などと確認しながらの練習です。

2012_10_7_001後ろ姿の帯は合格点だけれど、前姿はもう一息かな、帯揚げも若いといっても2012_10_7_002_2少し出過ぎかな、帯の下が少し浮いてるな、などなどまだまだ不満足。少し勘を取り戻したら、娘本人に着つけてみないと駄目でしょうね、あのやせっぽっち、着付けにくいんですよね、着物を着せてあげるのは中年の少しふっくらとした人の方が楽なんです。

追記:本日、休日だったので、娘に着付けをしてみました。ボディよりうんと細い、特に今風というのでしょうか、母親に似ず肩は張り気味、鎖骨のあたりはへっ込んでいます。う~ん、こういう体型の着付けに補正はつきもの、襟の辺りがどうやっても浮いてくる。全体的にはまあまあのできでしたが、自分に着つけるようには綺麗にいきません。

気付かれた方もいると思いますが、私はボディ体型と言われています。以前母親にこのボディに首から上をつけたら全くあなたね、と言われたことがあるくらいなのです。写真の後ろ姿など私だといってもおかしくないくらい似ています。つまりは初心者向きの着付けのしやすい身体をしているわけで、毎回楽をしている分、他の人を着つけるときは苦労することになるのですね。

« ほっとひと息 | トップページ | ついでに気晴らし »

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/47351221

この記事へのトラックバック一覧です: 10年ぶりなので・・:

« ほっとひと息 | トップページ | ついでに気晴らし »