« 母のいない世界 | トップページ | 10年ぶりなので・・ »

2012年9月29日 (土)

ほっとひと息

いくら8年間離れていたとはいえ、認知症を患っていて昔の母とは違っていたとはいえ、亡くなってしまえば思い出すのは元気なころおしゃれにきものを着こなして楽しそうに娘や孫と話していた母、だからそう簡単には平常心には戻れないのが当然なのですが、年の功なのか、忙しさと責任感のせいなのか分かりませんが、まだ一度も声を上げて泣いたことがありません。ときどきふと一人になった時母の顔を思い出して涙がこみ上げてくる、そんな状態で毎日をすごしていました、今日は弔問客の予定がキャンセルになり午後から時間が空いたので、気分転換にと、前からお誘いを受けていた横浜高島屋で催される京都矢代仁主催の”五大路子トークショー”に夕方から出かけてきました。デパート内の美術画廊で日本画家の岡信孝さんも同時に招いてのダブルトークショー、出席の条件は着物姿でということでしたが、生憎矢代仁さんで作った単衣の着物は超カジュアルな上代縞御召しか持ち合わせていない、パーティではないからいいかな、と思い、帯はやはり同時出品の「帯の岩田」さんに敬意を表して掬いの名古屋帯で行くことにしました。主催者側もそれでOKというご返事だったのですが、なんとなんといってみるとほとんどの方が単衣の訪問着やつけ下げ、お二人ほどが紬でしたが、これもかなり上等なお品。縞の上代御召という普段着は私一人というありさまでした。それでも堂々と振舞っていたのですから、私も甲羅に苔が生えたものです。もちろん、五大さんはピンクの訪問着に唐織りの帯の盛装。60歳を過ぎても私が娘におろしたようなあでやかなピンクを纏うことができるのはやはり女優さんだからでしょうね。

Photo_2

そうそう、うつくしいキモノという雑誌の取材があってプロカメラマンに写真を撮っていただきました。まるで女優さんのように念入りに髪を整え、お顔も直しての撮影です。なんでも雑誌に載るということですが、私のような普段着姿ははカットということにならないでしょうね、うーん、怪しい・・それでも「姿勢がよくていいですね」とほめていただきましたが・・

« 母のいない世界 | トップページ | 10年ぶりなので・・ »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/47267590

この記事へのトラックバック一覧です: ほっとひと息:

« 母のいない世界 | トップページ | 10年ぶりなので・・ »