« あら、まだ~? | トップページ | ぴっかぴかの一年生 »

2012年4月 9日 (月)

春本番

4月最初の落語は暖かい日になりました。こんなに暖かくなると真綿紬のきものはさすがに着られません、春になるとかならず出てくる御殿絣の御召と四君子の帯を合わせて出かけました。さすがに御召はこの季節は着心地が良い。軽やかに着て歩けます。昨日までは肌寒かったのに、今日は歩いていると少し汗ばんでくるような陽気でした。

本日は立川談春の独演会。ここのところ三度続けて聴いているのですが、一回目より二回目、二回目より三回目とだんだん調子が上がり、今回は満足のいく会となりました。演目は”権助魚”に”慶安太平記”、とくに後者は仲入りを挟んでの二回連続の熱演。じつはにぎわい座で以前同じものを聴いたことがあるのですが、そのときより随分こなれてきているようで十分に楽しめるものとなっていました。二時間並んで手に入れた5月の独演会のチケット、来月も期待を裏切らない会になるといいな、と思っています。

Photo皆さんが良く似合うといってくださる、春らしい装いのこのコーディネイト、本当のところを言えば余り好きとは言えません。何故なのか自分でもよくわからないのですが・・

着物:御殿絣のクリーム地の御召 帯:四君子柄の染帯(羽田登作)

« あら、まだ~? | トップページ | ぴっかぴかの一年生 »

和装」カテゴリの記事

芸術・芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/44828604

この記事へのトラックバック一覧です: 春本番:

« あら、まだ~? | トップページ | ぴっかぴかの一年生 »