« 春まだ遠し | トップページ | きものパーティ »

2012年3月17日 (土)

お世話になります!人工水晶体さま

「おや?、おかしいな、外を歩くと家の中にいるより、見づらいな」「近づいてくるバスの行く先がほんのそばまでこないと読み取れない」と感じてからかれこれ3年、それより前から少し白内障が出ていますね、と行きつけの眼科で言われていたのですが、視力はまだ両目とも1.0以上あり、何の不便もありませんでした。ところが乳がんに罹り、放射線治療をして三か月ほどした2009年5月ごろから急に視力が落ちてきました。眼科の先生のお話しでは、放射線治療は白内障を進行させることがあるとか、家の中では余り不自由しないのですが、明るい屋外の方が見づらく、若いころは遠くのものが良く見える目自慢(?)だったぶん余計に不便を感じるようになっていました。

がまんもこれまで、そろそろ手術をしたほうが良策かな、と思ってからお医者さんの情報集め。口コミやネット情報から横浜の伊勢佐木町にとても技術の確かなお医者さんがいらっしゃることが分かり、密かにいよいよとなったらそちらに行こうと決めていました。

手術をした知人によるとなんでも術後一週間は入浴は首から下だけ、顔は拭くだけ、もちろんお化粧もだめ、シャンプーはだめ、どうしてもという場合はプロにお任せする、ということだったので、それでは暑い時期は避けよう、と思い、涼しくなる秋を待って受診。かかりつけの眼科の紹介状を持って行ったのですが、なんと待つこと4カ月(もちろん症状の酷い人は優先してやっていただけます)という混みようでした。待つ間、周りでインフルエンザが蔓延したり、でひやひやものでしたが、無事16日に手術を受けることができました。効き目である右目をまず手術し、様子を見て左目もと思っていたのですが、なんと0.5に視力が落ちていた右目、今朝の術後検診ではもう1.2に復活。もちろん人工の水晶体は調節力がありませんから、焦点は遠くに合わせてあり、近くのものを読んだりするときは今まで通り老眼鏡のお世話になります。でもすごいですよ、右目は若いころのように遠くのよく見える、物がくっきりと見える素敵な目に変身しました。本当に医学の進歩はすごいものがあります。人工水晶体さんありがとう、これからの人生よろしくお付き合いくださいね。

ちなみに私が手術を受けたのは横浜の伊勢佐木町モール街にある稲村眼科クリニックです。いつも患者さんでいっぱいですが、とても段取りがよくスムーズにことが運びます。手術も実質5~6分程度で終わったと手術をモニターで見ていた夫が言っていました。

« 春まだ遠し | トップページ | きものパーティ »

思うこと」カテゴリの記事

健康・医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お世話になります!人工水晶体さま:

« 春まだ遠し | トップページ | きものパーティ »