« 目の保養 | トップページ | 楚々として、凛として咲く »

2012年2月 4日 (土)

会いたくて・・

001 二度お会いしてすっかりファンになった染織研究家の木村孝先生、東京の日本橋プラザである呉服の催しでトークがあるというので友人二人と出かけてきました。

唐草の地紋に青磁色の紋御召に薄いブルーグレー地に梅に源氏香の染帯といつもとても素敵なコーディネイト の着物姿を見せて下さり、目の保養をさせていただいています。しきたりを守ることとおしゃれ着の使い分け、ご自分のおしゃれ観、などなど今回も大変ためになるお話で、はるばる横浜から出かけて行った甲斐がありました。「うつくしいきもの」の女性編集長もあでやかな着物姿でいらっしゃって、日ごろ男勝りに活躍していらっしゃる姿とは別な女性らしい美しさを着物姿で表現されていて拝見していて心地よいものがありました。孝先生の「木村孝のきものおしゃれ塾」の出版記念を兼ねてのトークショーだったようです。本はもちろん、購入、先生のサインもいただいてきました。

3

今年はとりわけ寒いので真綿紬が手放せません、ということで本日の着物は紅花紬に南風原花織の名古屋帯、帯締めは栗梅色の冠にして温かみをだしてみました。

« 目の保養 | トップページ | 楚々として、凛として咲く »

催事」カテゴリの記事

和装」カテゴリの記事

コメント

れの字さん、ご訪問ありがとうございます、
今回もこんな調子でブログを続けて行くつもりでおります

たしかに年齢を重ねると明るくきれいな色の方が顔移りが良くなる気がします、
洋服でも昔よく似合った色がだんだんに合わなくなってがっかりすることが多いです、

前から、まあまさんのこの着物がとても好きでした。帯も好きです。だんだん年齢が進むと、黒っぽい着物に黒っぽい帯では、ちょっとと思うようになりました。(^^♪

アイビーさん、ご訪問ありがとうございます。
本当に今年の冬は寒いですね。
元気そうに見えますが、いろいろな変調があり、毎日悪戦苦闘しています。
でも元気なうちにたのしまなくてはとできるだけいろいろな所に出かけています。
あまり寒いので今年からはストッキングの先を切ったものを履きその上から足袋を履くようにしました。
これがとても温かく、ちらりと階段を上るようなときに見える脛も違和感がなく、寒さよけにお勧めです。

南風原花織は花織の中では一番お求め易いものですよ。ちょっと節約してへそくりをすれば
大丈夫です。

リンクOKです。

まあまさん、こんばんは。

実は私のブログからはどうしてもこちらに飛べなくて
一度飛べた時にお気に入りにしておけば良かったのですが
それを忘れてしまい、ご無沙汰してしまいました。
悪戦苦闘してやっと訪問できました。

たくさん、着物を着ていらっしゃるのを拝見して
お元気そうで安心致しました。
今年の冬はとても寒いので、なかなか着物を着ようという気になれなかったのですが
ちゃんと着ないといけないなあと改めて思います。

同系色のコーデが素敵です。
南風原花織なんて一生持てない私です(^^;)

ところで、こちらのブログをリンクさせて頂いても宜しいでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1625825/43993050

この記事へのトラックバック一覧です: 会いたくて・・:

« 目の保養 | トップページ | 楚々として、凛として咲く »