« 志らく・談笑の会 関内ホールにて | トップページ | 上品会 at 銀座金田中 »

2012年2月26日 (日)

転移疑惑

以前のブログでご存じの方もいらっしゃると思いますが、3年ほど前に乳がんを患い手術しました。幸い早期(といってもⅡ期ですが)だったため、部分切除手術と放射線治療のみで抗がん剤はしなくて済み、最小限のダメージで済みました。それでも再発予防にホルモン剤を服用し、三か月ごとの検診をつづけてきましたが、昨年11月末の検診で左脇の極小リンパに少々の腫れがみられるといわれ、2月16日に再検査。こういうときは放射線を浴びすぎるとかなんとかいっていられないのですね、11月に続いてのCT検査と血液検査。

こういうピンチのときぎゃあぎゃあ騒ぐのは私の性分に合わない、家族にもちょっとひっかかっちゃった、といっただけで黙っていました。その間考えたことといえば、結果がどうであれ、2月までの三ヶ月間悩んで過ごしても楽しく過ごしても時が経ってしまうのは同じ。ならばそれまでの間楽しく過ごそう、そして結果が悪かった場合はそれから残りの人生をどう過ごしていくか考えよう、と思って過ごしていました。

そういえば、まだ私にはやらなくてはならないことがあるなあ、やりたいこともあるなあ、会いたい人もいるなあ、この間自分に向き合って考えてみたらでてくるわ、出てくるわ、しなくてはならないこと、やりたいことが・・

それにしても乳がんは怖い、私の場合、リンパにもがん細胞はいっていなかったし、もちろん経管侵襲も見当たらなかった、だからリンパ節転移などあり得ない、理屈で考えればそうなる、でも主治医が言っていた、「絶対大丈夫と思っていた人でもなぜか再発する人がいる、反対に再発は必至だと思っていた人でも再発しない人がいる、医学的にはまだ解らないことってあるのです、だから早期発見しても生存率が100%にはならない」と、

さすがに検査の結果の出る前夜はよく寝られませんでした。もちろん待合室で呼ばれるのを待つ間はまるで死刑台のエレベーターに乗っている気分。そして自分の番号を呼ばれた瞬間に覚悟が決まる。

「大丈夫ですね、変わりありませんね」そう言われた瞬間思わず、「あー良かった」と声が出ました。

こういう思いをこれからも何度も何度もして生きて行くのだなあ、それもまた私の人生、ついついだらしなくなりがちな私の生活に喝を入れてくれる、生きていることの大切さを教えてくれる、神さまのお計らいなのかもしれません。

« 志らく・談笑の会 関内ホールにて | トップページ | 上品会 at 銀座金田中 »

思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転移疑惑:

« 志らく・談笑の会 関内ホールにて | トップページ | 上品会 at 銀座金田中 »