2018年2月15日 (木)

二月大歌舞伎 ー 高麗屋三代襲名披露

Photo_2高麗屋三代襲名披露歌舞伎に行ってまいりました。本当は午後の部に行きたかったのですが、席が取れず、午前の部になりましたが、これがまたなかなかよく十分に堪能してきました。

久しぶりに春の兆しが見える暖かい日。ほんの二週間前に大雪が降ったとは思えません。三寒四温といいますから、これからも寒暖を繰り返しながら本物の春がやってくることでしょう。着物を着て銀座を歩いていても気分が華やぐ日でした。

演目は左のポスターにあるとおり、四つですが、印象に残ったのは新幸四郎の一條大蔵卿役、そして成田屋の家芸、歌舞伎十八番の“暫”の華やかなにぎわいぶり、そして実はあまり期待していなかった”井伊大老”。

一條大蔵卿の新幸四郎、呆けた役の呆けっぷりと理性がちらっと垣間見える瞬間の変り目が良かった。文句なく役者としての力量を伸ばしていらっしゃることがわかりました。  

そしてお祝いとして演じられた成田屋のお家芸の暫は初めて拝見しましたが、単純な勧善懲悪劇がご祝儀の舞台にはぴったりで、海老蔵の大掛かりな衣裳もこれまた必見、なんと総重量60kgとか、こんなに体力のいる仕事では役者は身体の管理が大切なことがよくわかりました。楽しいお芝居でした。

そして”井伊大老”、桜田門外の変の前日の様子を描いたものですが、吉右衛門の堂々とした直弼と雀右衛門の愛妾のからみがよく、ほろりとさせられる一場面でした。

少々チケット代がお高いのが難点ですが、年に二三度は歌舞伎を堪能したいですね。次は何にしましょうか。

今日の着物は:歌舞伎見物はちょっと華やかにと心がけています。

Photo_3きもの:小倉貞右作(東京手描友禅)

山王日枝神社の祭りを描いた華やかさのある付下げです

帯:若松文袋帯(帯の岩田)

帯締:笹波組(平田武作)

2018年2月12日 (月)

A ちゃん、おめでとう!

11日にピアノコンクール、日本バッハコンクール決勝大会が、よく12日に結果、表彰式が上野学園石橋メモリアルホールでありました。このホールであるのは小学5、6年生コース。Aちゃんは横浜地区予選を経ての出場です。実は昨年も予選を通過して全国大会に出たのですが、残念ながら無賞に終わっていました。今年は横浜ではトップ通過二人に与えられるYOKOHAMA賞を頂いていたので、なんとか賞を頂けるところに食い込みたいと思っていたようです。

このコンクールはバロックを学ぶということが主眼ですので、あくまでも勉強の成果を披露するものだとは思いますが、なにせ北は札幌、南は沖縄までの予選を経ての出場ですので上手な方が多くなかなか結果を出すことはできません。

「勝負服の赤いセーターを着て応援にきてね」といわれ11日には私の妹、彼女の伯父に当たる長男夫婦、父方の祖父母とともに応援鑑賞に行きました。もちろん私は定番の赤いセーター、Aちゃんも赤いドレスです。

Aちゃん、がちがちに緊張、思うように指が動かなくて本人としては不本意なでき、演奏後、会場に入らないでロビーで一人で泣いていたようです。

と言うわけで、翌日の発表には来なくていいよ、ということだったので、予定通り私は落語。楽しんで帰ってしばらくしてAちゃんより電話、「あのね、ベスト賞とと銀賞が貰えたよ」本人も周りもびっくりでした。ベスト賞とはその曲を弾いた人の中で一番が貰える賞だそうです。演奏曲インベンション11番はバッハさんが一番悩んでいたころの曲で、その苦しみを演奏で出すのが難しいのだとか・・うまく音が出なくて暗い気持ちで弾いたのが良かったのかな?

とにかくご指導いただいた松崎伶子先生には感謝です。

Photo_2
素敵なトロフィーとベスト賞の楯を頂きました。Photo_3

ほっと心が暖かくなる落語会ー柳家権太楼

2018_2_12ここのところ精神的にかなり重い日が続いているのですが、こんなときでも無条件に笑えるのが落語、その中でも爆笑王の異名をとっている権太楼師匠は間違いなく楽しませてくれます。今回も期待を裏切られませんでした。

師匠によればお正月も過ぎた厳寒のこの時期の落語として話される、「二番煎じ」そして小さん師匠の十八番「笠碁」、の二席を表情豊かに、演じてくれました。初めて知ったのですが柳家の「笠碁」の登場人物はお互いに幼なじみの設定、それ以外、たとえば古今亭とか金原亭馬生の笠碁での設定は商売上の仲間ということだそうで、この設定の違いが噺の違いに出るのだそうです。私は柳家系の笠碁しか聞いたことがありませんので、またの機会に他設定の噺を聞いてみてもいいなと思いました。

熱心にやり過ぎてぐったり疲れると言う「二番煎じ」はさすがの名演。師匠の表情豊かな顔と話ぶりを見ているだけで自然に笑顔になってくるという楽しい落語会でした。

そうそう、久しぶりに見るマジックの山上兄弟、随分イケメンの青年になりましたね。

今日のきものは:厳寒の時期、今日も紬が手放せません。

Photo着物:結城紬(稲葉賀恵)

帯:縞に小花模様のしゃれ袋(桝屋高尾 朱虎作)

帯締め:貝の口雲形(平田組紐)

2018年2月 3日 (土)

第66回 上品会内覧会

2018_2_3_0012018_2_3_003_2

毎年恒例の染織技術の最高峰上品会に横浜まで行ってまいりました。ずらりと写真をならべてみましたが、同人7社の技術の粋を集めて製作された秀品ばかり、今年のテーマの一つが童謡百年、日本のこころ、そして工芸作品とコラボした工芸の美。とても手の届くお値段ではありませんが、拝見するだけでもたのしいものです。

ただちょっとさびしかったのは以前より紬の作品が少なくなっていたこと、紹介パンフレットにも一作も載っていないのは初めてではないでしょうか。紬業界頑張れ!です。

これから何カ月もかけて色々な場所で展示されますので、他の作品も拝見できることでしょう。

今日の着物は:今日は紬ではなく、ドレッシー感覚の御召で、織疋田に絵緯で小花模様を散らした風通御召、帯は染帯ながら格のある鴛鴦模様の名古屋帯で。

PhotoPhoto_3
着物:風通御召(矢代仁) 上品会同人です

帯:鴛鴦模様の染帯 (羽田登喜男作)

2018年1月28日 (日)

作品展で作ったものは・・

018_1_27_2_2
先日孫の小学校であった作品展で、左の作品が展示されていたそうです。

まだ綿は入っていませんが、おばあちゃんのために作ったクッションだそうです。おばあちゃんとは私のこと、作品案内には「食事を作ってくれてありがとう」とあります。彼女にとっては仕事に忙しい母親に代わっていつも食事を支度してくれるおばあちゃんは大きな存在なのでしょう。両親とも働いている家庭が多くなった今の時代で、スープの冷めない距離にいて日常生活の面倒を見てくれる祖父母がいかに大きな存在であるかがわかります。家で一番彼女が言いたいことが言える存在であるのも事実です。彼女が大学に入るころまでは母親代役が務まるよう、元気でいなくてはと改めておもった次第です。

2018年1月24日 (水)

桜の帯締め

Photo桜の帯締めと言っても桜で組んだわけではありません。昨年手に入れた桜模様の帯に合う帯締めを注文しておいたものです。やっと手元にきました。

すっきりとした帯に合わせて少し帯締めで主張をということで、普通より少し広めの幅になっています。三月になって締めるのが楽しみです。帯締め:笹波組(平田竹峯作)

今日のきものは:大雪が降ったばかりでしたが、翌日には道路の雪はかなり綺麗に解け、着物でも難儀ではありませんでした。それでも用心して草履は雨天用の底に滑り止めがついたものを履いていきました。少々重めなのでなるべく履くのをさけていますが、こういうときは致し方ありませんね。

今日の着物は:

Photo_3昨秋に仕立て直したばかりの母から譲られた十日町結城紬、本場のものでなくても十分に暖かく着易い着物です。

少々地味目なので、ただいまコーディネイト考案中。今回は帯を明るくして帯締めでインパクトを。

きもの:十日町結城紬 帯:掬い名古屋帯 帯締め:鎧組

2018年1月14日 (日)

平田竹峯さん

毎年一月恒例の平田竹峯さんの実演販売会に行ってきました。

以前は年に何回か実演があったのですが、ここ数年は全国を廻っていらっしゃる竹峯さんの予約がいっぱいで、一回になってしまいました。東京、横浜近郊の他のデパートやお店にいけばお会いできるのでしょうが、ここ横浜の高島屋でのことです。

竹峯さんと一年分のおしゃべりをして今年の分の注文をして夕方まで友人と二人たのしんできました。新年最初のご挨拶ということで着物も普段着ではなく格上げしていくのが毎年の恒例になっています。

友人はクリーム地に藍で描いた模様のある付下げに綴れの帯で決めてきました。

今日の着物は:

Photo一年ほど着ていない梅ねず色の新小石丸の無地に鳳凰模様の糸錦の袋

帯で。

着物:梅ねず色の無地、地紋は牡丹唐草(矢代仁)Photo_2

帯:鳳凰模様の糸錦の袋帯(帯の岩田)

それにしても左手のサポーター、目立ちますね、

2018年1月10日 (水)

着衣始は市馬独演会

D145f814296b56f53b6ad07cb5a8163f

暮れから家事が忙しく、労働での名誉の負傷とはなんとも情けない、左親指の関節を痛めてサポーターをする身、本年最初の着物はうまく着られるかどうか懸念していました。比較的着易い紬系の着物と名古屋帯にしていざ!となったのですが、人間はほんの少し不自由なところがあってもその不自由さが何倍にもなって返ってくるものですね、悪戦苦闘しての40分、やっと帯を結べてなんとかさまになりました。がいつものようにすっきりとは着られない、今年の着衣始はさんざんな結果になりました。

が、久しぶりの市馬師匠の独演会は素晴らしく、今年初の落語にふさわしい幕開けとなりました。一席目は「御慶」、この噺は初体験、なんでも純粋な江戸落語だそうで「御慶」という題名は小さん師匠が名付けたものらしい、一時間近くの長講、「御慶」とは「おめでたい」というあいさつらしいのですが、富くじに凝った八五郎がやっと千両をあてたあと大家から伝授された付け焼刃の知識で振舞う面白さを市馬師匠はさらりと粋に話してくれました。そして二席目がなんと十年振りにきく「片棒」、初めて市馬落語を聞いたときに「七段目」と一緒に聞き、市馬落語の面白さにはまった噺です。あれ以来聞く機会がなく残念に思っていた噺ですが、今年最初の落語会で聞くことができなんだか今年は良いことがあるような気がしてきました。市馬師匠の片棒は絶品です。会場全員笑い転げてめでたくお開きとなりました。まさに初笑いでした!

今日の着物は:着衣始ということで紬ですが少しエレガントに。

Photo_2少々映りが悪いのですが、ベージュ地に墨絵風に描かれた四季の花模様の染紬、母から譲り受けたものですので、出自は分かりません。

帯:唐花模様の染帯(小倉隆作  東京手描き友禅)

帯締めは笹波組

2018年1月 1日 (月)

新年おめでとうございます

また新しい年が明けました。

年々月日の経つのが早く感ずるようになり、小学生時代が鈍行なら今や超特急のぞみくらいの速さに感じる、まさに年を取った証拠ですね。

ぶつぶつ文句を言ってもせん無いことなので、より日一日を大事に過ごす心構えが必要なようです。

と言うわけでまだまだ煩悩から脱しきれないというか、まったく煩悩そのもののような人間ですが、今年もよろしくお願いいたします。まずは健康で一年を過ごすことができますように!

2017年12月23日 (土)

冬の東北初体験 12月21日~23日

2017_12_21目的地は岩手県雫石、娘たちがスキーに行くのに乗っかっての旅行、もちろん転んだらおしまい、寝たきりになる可能性のある私はスキーはやりません。

東北の冬の寒さの程度が分からないので、手持ちの衣類で考えうるだけの防寒をして出かけましたが、ピリッとした寒さは潔いほど気持ちよく、何の問題もありませんでした。もちろんこの環境で生活していくことを考えなければという旅行者の甘い感想です。

今年の冬は気温の変化が関東地方でも激しく、例年になく身体が痛い、宿泊予定の雫石プリンスホテル内には高倉温泉という温泉があるというので私の目的はこちら。

娘たちは車で六時間半かけての旅行ですが、車が苦手な私は秋田新幹線で優雅に旅行です。盛岡で北海道新幹線はやぶさから切り離されたこまち最初の停車駅が雫石、なんとなんとこの駅で下車したのは私一人、田舎の小さな鄙びた駅といった風情のホームで、エレベーターはもちろんエスカレーターもありません。とても新幹線の停車する駅とは思えないのですが、駅舎は写真のとおりおしゃれなしつらえです。でも人がいないのよね~

2017_12_23ホテルのお部屋からは岩手山など素敵な冬景色がみられ水墨画のような自然の美しさが楽しめました。ゴンドラにのってスキー場も見学、それにしても孫のスキーの上達の早いこと!子供はやっぱり違います。

夜の5時からは車で小岩井牧場へ、綺麗にライトアップされ幻想的な景色を見ることができました。お土産のチーズやクッキーもゲット、

2017_12_22_4_2

2泊して私一人は先に帰宅、雪の雫石駅のホームも映画のワンシーンのようで、ひとりでホームにたっているとなんだか胸がキュンとなるような気分になりました。たまにはこんな旅行もいいですね。

2017_12_23_2

«今年の落語はさん喬で締め